オジギビト集会所本部長室R

路上観察サイト「オジギビト集会所」本部長のブログ

【現場外オジギビト】自動販売機の人々

 世の中、「暑い!猛暑だ!!」と大いに騒いでいるようだが、道東地方太平洋側は、そんな暑さとは全く無縁の気候である。さすがに先週の木曜(16日)あたりを境に、気温がぐっと上がった感はあるのだが、24日までの最高気温は確か、摂氏23度ちょっとくらいだったと記憶している。今年の夏は全国的に暑いということだが、それくらいでようやく「ちょうど良い」か「ちょっと暑いかも?」的な感じになるかもしれない。

 今年は気温の上がり方が明らかに緩慢なようで、庭のギョウジャニンニクは一応芽は出したものの、あまり大きく成長せずに黄色く変色してしまった。チューリップも、昨年は複数本咲いたのに、今年は一本だけという状況であった。しかし、アスパラガスだけは何故か、元気に伸びてくる。元々寒さに強いのだろうか。

 ちなみにうちには、エアコンは、無い。必要が無いからである。

 

 さて本題である。今回は現場外オジギビト衆の中から、自動販売機の上で活動している人々を紹介してみたい。まずは、この人から。

鳥取県東伯郡三朝町山田の自販機の人(2003年12月)

 左胸のマークからも見て取れるように、コカ・コーラボトラーズの人である。ちゃんと専属の人を用意したということだろうか。しかし、その後同じ自動販売機上に現れた人は、どうやら素材集の人のようである。

鳥取県東伯郡三朝町山田の自販機の告知人(2007年9月)

 恐らく現場で作ったものだろうが、敢えて(?)白黒というのが、急ごしらえ感を演出している。

 さらにその後、同じ自動販売機に現れた人は、掲示全体がカラフルであった。

鳥取県東伯郡三朝町山田の自販機の人(2008年2月)

 上下方向に少々圧縮されているせいか、なかなか恰幅が良い人である。一応、髪に分け目らしきものがある。改めてこの写真を見直すと、一瞬だが彼の青いネクタイが、「口から吐き出されるスライム状物体」に見えた。

 次の例は、ファミレスに置かれたカプセルトイ販売機上の人である。これも自販機の範疇に入れて問題ないだろう。

京都府京都市中京区・ガスト京都丸太町店の子供(2010年4月)

 カプセルトイ販売機の上で、「ガストコイン」が使用不可能である事を知らせている、児童オジギビトである。左京区のガストでもこの児童は見かけたので、もしかするとガスト専属のオジギ児童なのだろうか? 長い長い睫毛に加えて、極端に短い腕が、可愛らしさを倍増させているようである。

 次の例は、京都市内のある病院の、地下に設置されていた自販機の人である。

京都府京都市北区鞍馬口医療センターの自販機の人(2016年4月)

 キリンビバレッジサービスの専属の人だろうか。頭髪のてかりと、意外と複雑なラインを描く前髪が目を惹く。

 次は、またしてもコカ・コーラボトラーズの人である。

京都府京都市北区地下鉄烏丸線北大路駅の自販機の人(2019年2月)

 なかなかの巨顔ぶりを見せつけている女性オジギビトである。しかし全体的には非常に整った、落ち着きさえ感じさせる人でもある。2000年代終盤あたりから、こういう「巨顔」な人々は現場オジギビトの中にも増えてきており、それらの多くは一つの素材から派生したものと考えられる(またの機会に紹介する予定)。しかしこの自販機の人は、それらとは別系列の人の模様。コカコーラ専属なのだろうか。

 自販機は、現場外オジギビト衆が活躍する場としては目に付きやすく、また出現頻度も高い。今後も注意して見ていきたい。

【オジギビト】大きな人々

  先日は、「控えめに佇む」オジギビトについて紹介した。

ojigibito.hatenablog.com

 この控えめな人々、看板内での存在が控えめな場合と、実際のサイズ自体が非常に小さく抑えられている場合の二通りがある。

 今回はその逆の、サイズがとにかく大きい人々の例について、幾つか紹介してみたい。

 まずはサンキ建設の現場から。

京都府京都市左京区梅ノ木町の女性(2010年8月)

 軽自動車と比べると分かるように、このオジギ女性のサイズは、普通の人間とだいたい同じ程度のようである。

 それほどの大サイズでもないが、サンキ建設の人をもう一人。

京都府京都市左京区のふくよかな人(2013年1月)

 この肉付きが結構良さげな人は、別の会社でも活躍している人である(服の色が違っていたりする)。恐らく、上のオジギ女性よりも長く、サンキ建設の方で活躍しているのではなかろうか。サイズとしては、やや小さめ(子供程度?)であるものの、レイアウトの仕方と服の色のせいか、結構目立つ存在である。

 その後しばらく経ってから、さらにもう一人、サンキ建設の人に出会うことができた。この人はなかなかの大サイズである。

京都府京都市左京区の人(2019年1月)

 非常に典型的かつ現代的な、整った直立不動オジギビトである。この人が、今後はサンキ建設でのスタンダードになるのだろうか。上のちょっとふくよかな人はまあ良しとして(?)、一番最初に紹介したオジギ女性は、今後も変わらず現場でどんどん活躍してほしいものである。

 大サイズの人たちは、固い素材(プラスチックや金属、紙など)でできた看板ではなく、このように柔軟な垂れ幕などの上に配置されるのが、最も多いと思われる。取り回しが固い板よりも簡単で、比較的大きなものを作りやすいのが、その理由だろう。

 

 次は装研の現場の例である。「オジギしていない」とかツッコまれそうだが、まあ今回紹介する顔ぶれに入れてあげても良いだろう(高所で頑張っていることだし……)。

京都府京都市山科区の高所の人(2011年4月)

 高層建築物(マンションと推定)の覆いの上で、作業服姿の人が微笑んでいる(赤矢印)。コンビニの周辺を歩いている人々との対比で、実はこの高所の人が、実際の人間と同等のサイズであることが見て取れる。

 もう一例、装研の現場の例を。

京都府京都市山科区の高所の人(2012年5月)

 これもマンションの改装現場である。天候や光の加減を考慮しても、一年前の現場のものは結構色褪せていたようである。

 ちなみに、彼が一転して小サイズになった掲示もあった。

京都府京都市山科区の小サイズになった人(2012年5月)

 この人とメッセージの距離感などからすると、この掲示はどうやら「お手製」のものと思われる。全体の感じからしても、実はこの人も「素材集の人」なのか……と思ったりもするが、まああまり深く追求する必要もないだろう。(「社内で自由に使える素材」と考えることもできる)

 

 最後に、「自走式」の大サイズ人を紹介しておきたい。下の例は、旧集会所で「見た目は最高齢?」というタイトルで紹介していた人である。

京都府京都市左京区岩倉の自走式老科学者オジギビト(2014年4月)

 本集会所で紹介しているオジギビト衆の中では、少なくとも見た目は一番の最高齢かと思われる。帽子や白衣など「博士」的な感じなのはやはり、住宅用断熱素材のハイテクぶり(「科学技術の結晶!」ということ)をそれとなくアピールする目的もあるのだろうか。

 トラックの後部ドアの内側という、結構変わった場所でオジギしている珍しい(かもしれない)例である。しかし作業時はドアを開放することになるので、ドアの内側というのはなかなか合理的とも言えるだろう。

 

 そういえばもう一人、「自走式」の大サイズオジギビトがいた。「立体発光オジギビト」の記事の中で紹介した人である。ここでも再度、写真を出しておきたい。

兵庫県神戸市東灘区田中町の平面化ライトボーイ(2008年10月)

 この人は、非常に間近で見られたということもあって、なかなかのインパクトであった。

ojigibito.hatenablog.com

 

 一番最初のオジギ女性を含めた、女性オジギビト衆の活躍ぶりについては、また後日紹介したい。

【オジギビト】余白の意味

 先日は、「控えめに佇む人々」という括りで、看板に比べて非常に小サイズなオジギビトの例を紹介した。

ojigibito.hatenablog.com

 その逆の、存在感が非常に大きい人々の例を紹介する前に、周囲に大きな「余白」を伴った人々について、少々紹介しておきたい。

東京都渋谷区 東急百貨店渋谷駅・東横店内の人(2008年3月/Y.T.氏提供)

 東急百貨店内にいた、三菱電機ビルテクノサービスの人である。この人がいるということは、店内でエレベーターやエスカレーター関係の工事が、行われていることになる。

 この人の配置について、ややアンバランスというか「もう少し中央寄りにして、大きくできたのでは?」と思われる方もいるかもしれない。しかし、次の写真を見ると、こういうレイアウトにした理由が分かる。

東京都渋谷区 東急百貨店渋谷駅・東横店内、エレベーターのドア上の人(2008年3月/Y.T.氏提供)

 このレイアウトは、エレベーターのドアの上に掲示することを、考慮したものだったわけである。下の「TOKYU」の赤い文字も、それを考慮して右側に寄せられている。しかしそのせいで、この三菱電機ビルテクノサービス専属のオジギビトの頭上には、結構大きな余白が発生してしまった、と。

 しかし再度よく見てみると、この「ドア貼り専用版」と、一番最初に出した「通常版」では、赤枠下側の「TOKYU」のロゴの位置だけでなく、このオジギビトの位置自体も、少しだけ調整されているようである。「お客様のご理解とご協力をお願いします。」の文言との距離が、「ドア貼り専用版」の方が近くなっている。

 そうすると、この掲示は最初から、ドアに縦割り二分割で貼ることを最初から想定していたと考える方が、自然かもしれない。そのため、このようなレイアウトになったわけである。だとすると、「通常版」(最初の写真)の方が、むしろおまけ的というか「派生型」ということになる。「通常(派生)版」を作るときに、「TOKYU」のロゴとオジギビトの位置は調整したが、オジギビトのサイズなどに関しては考慮されなかった……と考えるのが妥当だろうか。

 

 もう一つ、余白が目立つ例を。

京都府京都市左京区岡崎徳成町の人(2017年12月)

 三井ホームの現場で、以前からおなじみの「こんにちは」運動の人の隣でオジギ姿勢を取る人である。彼自身はその表情とオジギ姿勢(上半身のみだが……)から、非常に誠実、真面目にメッセージを発している。しかしやはり目を惹く……というか気になるのは、彼の周囲の余白である。
 しかしこの余白を埋めようとして、彼の下方にあるQRコードや補足的警告などを再配置するというのも、あまり良くないのかもしれない。この場合、余白があるからこそ、彼の存在とメッセージが映えている……ように見える。

 ちなみに「こんにちは」運動の人は、下の写真の人である(別の現場の写真であるが)。

京都府京都市左京区岩倉のこんにちは運動の人(2009年9月)

 この人、あの有名な"TEZUKA PRODUCTION"の人(次の写真)に、ちょっと(かなり?)似たところがあるのは、以前からオジギビトに興味を持っていた方なら、既にお気付きだろう。

東京都千代田区神田の"TEZUKA PRODUCTION"の人(2004年5月)

 まあ、この場合は「大まかなモデル」ということで良いのではと思う。

 ただ、この"TEZUKA PRODUCTION"の人、少なくとも90年代から全国的に活躍する有名人であり、しかも比較的「真似しやすい」感じの人でもあるので、手書き看板のモデルになったと思われる例も幾つかある。その一例は、とり・みき氏の「街角のオジギビト」でも、「ラフ」という記事名で紹介されている(「ラフ」というところから、大体の感じが想像できるかと)。

 それらに関しても、またいずれ紹介してみたい。

【オジギビト】控えめに佇む人々

 オジギビトは通例、看板の中でわりと大きな面積を確保しているものである。その存在感をこれでもかとばかりに見せつけている人もいたりする。

 しかし一方で、例えば下の写真の人のように、かなり控えめな人々も存在する。

京都府京都市下京区の人(2009年12月)

 この人は恐らく「素材集の人」と思われる。青服バージョンには何度も出会っているが、オレンジ服バージョンはこれが初めてであった。素材集の人々の場合、このように作り手の裁量で、ごくごく控えめに配置されることも、しばしばあると思われる。

 サイズ自体は大きく、情報量も多めの看板の中で、さりげない感じでオジギをしている場合もある。

東京都大田区蒲田の人(2015年12月)

 レイアウト上の問題というか、単に「スペース不足」で、このように控えめな状況となってしまったのであろう。オジギビトを立たせるスペース自体はわりと確保できたのだが、横長なので、直立不動の人にはやや不向きと判断されたためと思われる。ただ、改めて見直してみると、もう少し彼を大きめにできる余裕はあったのでは……とも思える。もしかすると、何らかのメッセージを、彼の横に縦書きで入れる予定だったのかもしれない。

 下の写真の人も、かなり控えめである。まずは「寄り」の写真から。

京都市左京区下鴨宮崎町の人(2016年2月)

 これだけ見ると、保護帽や作業服にマークもちゃんと入っていたり、ちゃんとした人のように見える。次はもう少し引いた写真である。

「お願い」の下に立っていた彼

「お願い」の赤文字の真下で、彼はオジギしていた。メッセージの添え物という感じである。そしてさらに引いた場合の様子が、下の写真である。

赤い矢印部分に彼

 看板の大きさからしても、彼の存在は非常に控えめであったことが分かる。看板に出さねばならない情報量との兼ね合いで、こんなことになってしまったと思われる。彼のために独立した一枚を、用意しても良かったのでは……と思ったりするが、そこは経費や手間の問題があったのだろう。

 オジギビトの実際のサイズ自体が、非常に小さい場合もある。

岐阜県土岐市の人(2017年12月)

 電柱の交換工事の場で、オジギする人である。髪型と顔ですぐに分かるが、この人は通常、もっと大きな看板の上で活躍している人である(次の写真)。電柱との対比で、彼のサイズがかなり控えめなものであることが、見て取れるだろう。こういう張り紙上でのオジギは、彼にとってはイレギュラーな状況と思われる。

 よく見ると、この張り紙上に配置される際に、保護帽や作業服へのマークなどの追加の他、靴の辺りにも改修が施されていたのが分かる。頭頂部の髪のはねは修正されて無くなっている。

東京都大田区蒲田の人(2016年11月)

 

 最近はオジギビト自身が存在しない現場も多いが、控えめとはいえこうしてオジギビトを配置する場合もしばしば見られる。まだまだオジギビトの活躍の場は、完全には奪われていないようである。

 逆に、存在感が過剰なほど大きい人々は、またの機会に紹介してみたい。

【現場外オジギビト】飲食店の人々・ゆうちょ銀行の人々(追加)

 先日紹介した、「飲食店の人々」および「銀行・郵便局の人々」について、これまで紹介していなかった人々の写真を発見(というか「発掘」に近い)したので、紹介しておきたい。

飲食店の人々

 今回紹介するのは、いずれも北海道支部長からの報告である。まずはこの人から。

北海道釧路市・なごやか亭釧路春採店の警官(2008年6月/北海道支部長報告)

 回転寿司「なごやか亭」の前にいた警官である。この警官の人、現場外オジギビトとして扱って良いのかどうかという疑問もあるのだが、他のオジギ衆と同じく、注意喚起のために配置されているということで、大目に見てやっていただきたい。たぶん、「素材集の人」であろう。さりげなく、右手が拳銃の上に添えられているようである(違う?)。

 次は、帯広市民ならばお馴染みの、このカレー店の人々。

帯広市インデアンカレーの人々(2015年5月/北海道支部長報告)

 インデアンカレーでは、「持ち帰りカレールー販売」を行っていることでも有名である。この二人は、「持ち帰りに適さない容器はおことわり」というお知らせのためにオジギをしている。

 インデアンカレー釧路市にも2店舗あるのだが、実はまだ一度も行ったことがない……。いつかは必ず、と思っているのだが。

ojigibito.hatenablog.com

 

ゆうちょ銀行の人々

 既に紹介したように、年末のゆうちょ銀行ではATM休止期間の告知のために、オジギビトを配置することがある。以下の2例は、いずれも京都市左京区の、同じ郵便局で撮影されたものである。

京都市左京区・郵便局のオジギペア(2011年12月)

京都市左京区・郵便局のオジギペア(2012年12月)

 2011年と2012年のオジギペアは、ネクタイなどの柄や女性のスカートなど、服装に変化が見られる。また、髪型もかなり違っている。そのため一見すると完全な別人のように見えるが、もしかすると女性の方は同じ人かもしれない。男性の方は、顔の輪郭が多少変化しているような……。しかし、同一人物である可能性はやはり少なくないだろう。名札の位置など、共通点も多いので、恐らく12年の人々は、11年の人々のアップデート版(?)ということになるのではと思う。

ojigibito.hatenablog.com

【本】「研究を加速するための8か条」リリース

 2022年6月3日、amazonで、本部長が書いたミニ本(2冊目)がリリースされたので、またしてもこの場をお借りしてお知らせを。amazon楽天、その他複数の所で販売中である。amazonでは紙の本も利用可能である。

 内容は、タイトルにも示されている通り、研究者が自分の研究活動を進めるうえで「こうすればいいのでは?」的ヒントを8つの条項に分けて紹介したものである。理工系の研究者向けの内容が多く含まれてはいるものの、文系の方々にもちゃんと活かせるように配慮している(ので何とぞよろしくお願いします)。

 先月リリースされた1冊目、「ギフト・オーサーシップは不正の始まり」も、何とぞよろしくお願い致します。

ojigibito.hatenablog.com

 

【雑記】今年初のアスパラガスを採る

 道内を含め日本各地が真夏日猛暑日だと騒いでいるのに、ここ道東地方は別世界のように涼しい。しかし確実に暖かくはなっており、庭の草木も急速に花を付けて、次々に落ちてゆく。

 そんな状況で、いつの間にかアスパラが一本、なかなかの長さに伸びていた。昨年はこの時期にこんなに伸びていなかったので、びっくりである。

庭のアスパラ一本(2022年5月27日撮影)

 フォーカスが背景の方に合うという凡ミスをしてしまったが、これが今年最初のうちのアスパラである。

 まだもう少し伸びそうなので、採らずに2日放置してみたら、やはり4〜5センチ程度伸びていた。

採ったアスパラ(2022年5月29日撮影)

 どうやって食べるか数秒思案の末、袋ラーメン(味噌味)を煮るときに一緒に入れてやることにした。ちゃんとアスパラの味であった。

 油断していると、また何本も凄い早さで伸びてくるので、採り逃さぬよう注意しなければならない。

 

 さてアスパラ話だけでは何なので、例によって(?)オジギ話を一つ。旧集会所では個別のページに出していたが、今回は「男女ペア」という括りで紹介してみたい。

 以下の写真は、NHK-BS「熱中時間」のS氏が送って下さったものである。

東京都渋谷区の男女ペア(2009年3月/S氏提供)

 本部長が真っ先に注目したのが、彼らが「ちゃんと被れそうな保護帽」を持っている事である。「街角のオジギビト」でも言及されていたように、オジギビトが手に保護帽を持つ場合、とても被れなさそうなサイズ(および形状)の保護帽であることが多い。しかしこの二人は、ちゃんと被れそうなものを持っている。頭身などのせいで一見オーバースケールに見えるが、だいたいぴったりサイズではなかろうか(女の子の方は若干小さいか?)。
 ところで女の子が男の子の頭に手を当てているこの状況、どのように解釈すべきだろうか。まず思いつくのが「慰めている」という状況。仕事に失敗したかあるいはオジギビトとしての務めに熱意を失ったか。「元気出してね。ね?」とか囁き気味に言っていそうである。あるいは、「乱れた髪を直してあげている」だろうか。体温を測るとか暴力とか、それらは可能性としては低いだろう。

 この二人、ベンケイポーズバージョンもある。もしかすると、こちらのベンケイバージョンの方が、より多く現場で見掛けられるかもしれない。

鳥取県東伯郡北栄町のベンケイ男女ペア(2007年4月)

 保護帽で髪が隠れているせいか、特に男の子の方は印象がかなり違うような気がする。

 

 次の例は、オジギビトの男女ペアとしてはちょっと変わった組み合わせの例である。

東京都大田区西糀谷の男女ペア(2021年4月/H.E.氏提供)

 積水ハウスリフォーム専属の男女オジギペアである。男性の抱える保護帽にも、積水のマークがしっかり入っている。女性の方は、現場作業というよりは事務担当の人であろう。現場作業者も事務作業者も、当然ながらリフォーム事業のために必要不可欠な存在である。

 積水専属の人々ならば、この道東でも二人に出会える可能性はあるかもしれない。出会いを逃さぬよう注意したいと思っている。